保護者が選ぶ通わせたい学童No.1に選ばれました!
LINEで質問する
お問い合わせ:045-543-3331
受付時間:10時〜19時

アデック(Adecc)のコラム一覧

千葉県の私立小学校の受験情報を知ろう!暁星国際流山小学校について

公開日:2020/05/31
最終更新日:2020/05/29

合格を目指す以上、早速取り組もう!

小学校の受験の準備期間はどのくらい必要か知っていますか?実は合格を目指すためには、少なくとも1年間の準備期間が必要だと言われています。この期間中、子どもにとっても、親御さんにとっても、楽しいことばかりではないはずです。

たとえば、学校や受験に関する噂話に惑わされたり、不安でソワソワしてお子さん自身が家庭学習に集中できなかったり、感情的にお子さんを叱ってしまって自己嫌悪になったりと、家族の絆の強さが試されるような瞬間も訪れるでしょう。このようなループが、グルグルと行ったり来たりになるかもしれません。

そのような中で、頑張るお子さんをかわいそうに感じてしまうこともあるかもしれません。しかし、一度小学校受験をすると決めたのであれば、それを守り通すことが大切。子どもが大変なときに、親御さんがくじけそうになっては合格を目指すことはむずかしいです。

また、「とりあえずの勉強方針を立てて取り組んでみて、上手くいかないようならば方針を変えてみよう」というような甘い、無計画な考え方では成果に結びつかないのが現実です。

まずは、家庭で行うべき教育・しつけをしっかりと行ってください。受験勉強をするための幼児教室に高い月謝を払うとしても、他人任せにして何とかなるものではありません。そのような考え方をしていては、受験の準備段階また受験本番のときに必ずボロが出てしまうでしょう。

家族が一丸となって初めて小学校受験という壁を乗り越えていくことができます。その結果、小学校受験がただの受験勉強に終わることなく、子どもの本質的な教育として生かせるはずです。

 

暁星国際流山小学校を目指すならアデックへ

 

基礎学習が基本中の基本

初めて受験を経験する親御さんなら、お子さんが難しい問題でも解けるようになるのか不安になります。そして、焦りから、早い段階で過去問に手を出してしまう親御さんも多いようです。

しかし、基礎が身についていないうちから過去問に手をつけても解くことはできません。それだと「考えて解く」のではなく「解き方のパターンを覚えて、記憶力を使って解く」癖が身についてしまいます。

この解き方では、どれだけ多くの問題を取り組んだとしても、考える力や応用する力を身につけることができません。少しでも条件を変えたり、応用問題になった途端に解けなくなってしまうのです。

目先の点数にばかりこだわっていると、かえって大きな損をしてしまいます。まずは、基礎を理解することが大切。点数はあくまでも問題を解いた結果です。

実際に入試で出題される問題は、お子さんがはじめて目にするものばかり。過去問で解いた問題と同じ問題が出ることは、ほとんどありません。大切なことは過去問で良い点を取ることではなく、受験に合格することなのではないでしょうか。本来の目的を考えれば、入試本番で解けなければ意味はありません。

学校別の対策をとる必要はありますが、過去問を解くのは順序としては最後の方。まずは、基礎となるものの見方や考え方、基礎学習をしっかりと身に付けさせることが大切です。

 

千葉県の私立小学校

千葉県は、関東の中でも私立小学校が多い地域です。今回は、千葉県流山市にある暁星国際学園 暁星国際流山小学校をご紹介します。

 

暁星国際流山小学校の理念

暁星国際流山小学校は建学の心で以下のように述べられています。

「我が子が永遠に幸せであってほしいと願うのは、世の親であれば、だれしも思いは同じです。

そのためにご両親は、できるだけ良い環境と充実した教育を与え、授けたいと切望しておられます。子どもを幸せにするには、知的、社会的、身体的な健康を願うことはもちろんのこと、敬虔な心や道徳観に基づく精神的健康を習得させることは大切なことです。

まことの「幸せ」を感受することのできる人間になれるということは、とてもすばらしいことです。人間教育の中で重要視される小学校のこの時期に、学ぶことの喜びを実感できることは、子どもが探求する意欲と自信を持つことに結びついていきます。

学園での生活は、子ども一人ひとりの個性と能力を伸ばし、心身ともに新時代を生きる国際人を育てます。」

また、暁星国際流山小学校では、子どもたちに以下の4つの力を身につけることを教育の目標としています。

1つ目は、国際的感覚です。国際レベルで、積極的に人類の平和に貢献できる豊かな児童を育成しています。

2つ目は、新時代に対応する力です。新しい時代に適応できる、自主的で個性豊かな児童を育成しています。

3つ目は、諸機能の調和する力です。身体的な調和に加え、知恵・感情・意志・道徳性など、精神的にも調和の取れた児童を育成しています。

4つ目は、健全な社会人としての力です。敬愛・誠実・正義を育成することによって、健全なる社会人としての素質を培おうとしています。

 

暁星国際流山小学校の特色

暁星国際流山小学校の教育の大きな特徴は「国際人として活躍できる人材の育成」を実施していることです。以下の3つの目標を掲げ、独自のカリキュラムを行っています。

まずは、外国語教育です。国語、道徳以外の授業を、バイリンガルの日本人教師や外国人講師が英語によって行い、普段の学校生活も英語を用いて過ごします。ネイティブスピーカーに近い言語能力を身につけ、意思疎通を英語で自由に行えるコミュニケーション能力を養います。また、国際的な視野と感覚を養うためにも、毎日1時間フランス語の授業を行っています。

次は、未来型学習環境です。暁星国際流山小学校の図書室では、邦書・洋書を問わず、いろいろな書物に関心を持ち、自ら調べる事の楽しさや本を読むことの喜びを知ることができます。将来に活きる教育を考え、児童1人に1台のタブレット型パソコンを備え、英語、国語、また図工に活用し、子どもたちの学習意欲を湧き立たせます。

そして、心の教育です。自分を見つめる時間、自分を考える時間、自分と向き合う時間、人を思う時間、命を大切に考える時間など、心の教育の時間を大切にしていきます。

 

1歳から12歳まで知力育成教室アデック

 

進路情報

暁星国際流山小学校は、系列校に暁星国際中学校、暁星国際高等学校があります。2016年に新設されたばかりのなので、まだ進学実績が掲載されていません。

 

暁星国際流山小学校の合格率

暁星国際流山小学校の入試倍率は非公表となっております。募集人数は70名。推薦入試と一般入試があります。

また、入学試験の内容としてはペーパーテスト、指示行動、行動観察、運動テスト、口頭試問、絵画工作、音楽、親子面接、子ども面接があります。なお、生年月日の違いへ考慮があるようです。

2学年〜3学年からの若干名の編入もあり、ただし入学志願資格には、英語検定4級以上が必要です。

 

アクセス

所在地は千葉県流山市前平井175-2です。アクセスはつくばエクスプレス「流山セントラルパーク」駅より徒歩2分です。

 

小学受験をお考えの方はアデックまで

 

ちょっとした気づき

英語を用いての授業ばかりで、日本語はちゃんと習得できるのかという疑問が浮かびますが、暁星国際流山小学校では国語の時間を週9時間行い、また児童たちに漢字検定へのチャレンジをさせています。

他にも、英語検定、数学検定、仏語検定などをチャレンジしていきます。それぞれの学年に合わせた級を取得していくだけでなく、学年にこだわることなく挑戦していくことで、大きな自信と学習意欲を持つことができ、個性を伸ばしていきます。

 

聖徳大学附属小学校情報まとめ

いかがだったでしょうか。今回は千葉県流山市にある暁星国際学園 暁星国際流山小学校を紹介してきました。

暁星国際流山小学校の最も大きな特徴は、日常生活や国語以外の授業に英語を用いることです。ネイティブスピーカーに近い言語能力を養い、国際社会に通用する人材を育てていこうとカリキュラムが整備されています。

まずは学校説明会などに参加して、お子さんに合っているかどうかを確認して、志望するか検討してみましょう。