発達診断テスト - 幼児教室 学童保育 横浜

HOME コース一覧 アデック知能開発コース 発達診断テスト

発達診断テスト

アデック知能開発コースでは年間2回の「発達診断テスト」を実施しています。
わたしたちがレッスンの中で主体的に指導している「言語・常識・記憶・図形・数量・巧緻性」の6つの分野をチェックし、数値化するとともに、図のようにチャート化してそのバランスを確認します。
これを元に今後の指導方法を保護者様とご一緒に相談しながら考え、進めていきます。

 

発達診断テストの内容

チェックシート

「知能チェックテスト」

インファントグレードのお子さまは6問、トドラー、入学準備グレードでは10問の問題に答えるペーパーテストです。全体を40分程度で行います。当教室が考える「年齢相応の能力を有しているか」を判断する基本的な設問となります。

「保護者用チェックリスト」

保護者様がお子さまに関する質問に回答し、採点していただくセルフチェック方式のチェックテストです。お子さまの生活の中での具体的な行動に関する質問が30問あります。「はい」か「いいえ」でお答えいただきます。
質問の種類はその年齢でほとんどの子ができることと、1歳以上でできるようになることの両方が含まれています。

発達診断テストの意味

このテストはお子さまを「できる子」と「できない子」に振り分けるためのものではありません。お子さまの知能面での発達が、標準レベルに達しているかどうかを判断する一つの材料として活用しています。今回お子さまが出来なかった問題、保護者様の「いいえ」であった質問事項については今後1年間を目安に「はい」になるよう、当教室で指導いたします。
お子さまが「できないこと」というのは、その部分での発達が遅れているからできない、というよりも「あまりやったことがないからできない」という場合が多いものです。保護者様にもできるだけ積極的に働きかけて、お子さまに色々なことを経験させてあげる機会を作っていただくことをお願いしています。

インファントグレード(1歳〜2歳) ▶ トドラーグレード(3~4歳) ▶ プリスクール(5歳) ▶ 発育診断テスト ▶

お問い合わせ無料体験申込
ページの先頭へ